銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

既発債とは

新規に発行される債券を「新発債」、既に発行されて市場に出回っている債券を「既発債」といいます。新発債は、額面金額で募集がかけられますが、既発債は流通市場のバランスで価格が決められて売買されるので、常に利回りは変動します。

(出典 SBI証券ホームページ)

 

既発債とは、既に発行され、債券市場で売買されている債券のことです。
既発債は流通市場(セカンダリーマーケット)で取引されているため、その価格は日々変動しています。
既発債に対して、新規に発行する債券は新発債と呼ばれます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

既発債とは、発行日以降に流通市場で売買される債券のことを指しており、新たに発行され発行日前に売り出される「新発債」とは区別されます。新発債は債券の発行元の決めた価格で売買されるのに対して、時価、すなわち市場価格で取引されます。利付債をクーポンの利払い日と異なる受け渡し日に取引する場合には、経過利子が発生します。また、一般的には既発債では取引日当日を含めた4日目が受け渡し日となります。既発債の償還期日までの残存年数といい、投資家にとってはこの期間が資産運用できる最長の期間となります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

新たに発行され発行日前に売り出される「新発債」に対し、発行日以降に流通市場で売買される債券のことを指す。

新発債が債券発行元の決めた価格で売買されるのに対し、既発債は時価で取引される。利付債をクーポンの利払い日と異なる受渡日に取引する場合には経過利子が発生する。また、一般的な既発債では取引日当日を含めた4日目が受渡日となる。

既発債の償還期日までを残存期間、残存年数という。債券市場で既発債を購入する投資家にとっては、その債券の残存期間が、その債券で資金運用できる最長の期間となる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

既に発行されている債券のこと。「既発債券」ともいいます。流通市場(セカンダリーマーケット)で市場の実勢に基づいて取引されます。
⇔新発債

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

既に発行されている債券。

(出典 日本証券業協会ホームページ)