銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

気迷いとは

株価がどう動くか判断しにくい状態のこと。株式市場は後場に入ってから気迷い気分が広まり、株価は一進一退の値動きに終始した。株価が今後の動きが読みにくい、気迷い局面にある場合、投資家は取引しにくくなる傾向にあるため、売買高は減少気味になります。相場のトレンドがはっきりしない時、あるいは材料があったとしても、それが相場にどう影響するのかが明確に見えない場合に、気迷い商状に陥りやすくなります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

相場が先行き上昇するのか下落するのか予測しにくく、売っていいのか、買っていいのか、市場参加者が迷っている状態。
「気迷い人気」「気迷い商状」などと使います。

(出典 大和証券ホームページ)