銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

GAAPとは

「一般に公正妥当と認められる会計原則」(Generally Accepted Accounting Principles) のこと。米国の会計原則は、民間の企業会計実務の積み重ねを通して形成されており、GAAPはそれらが文書化され、規則として定められたものの総体である。
GAAPは独立した民間機関であるFASB(Financial Accounting Standards Board)により定められた会計原則であり法律ではないが、SEC(米証券取引委員会)により遵守が求められており、監査報告書には、当該企業の財務諸表がGAAPに準拠している旨明記されなければならない。

(出典 T&Dホールディングスホームページ)

 

GAAPとは、Generally Accepted Accounting Principlesの略です。ギャープともよばれ、企業の財務会計の政策及び報告を行う原則の中で妥当とされた会計概念、基準、実務の体系と言えます。この会計の原則はそれぞれの国ごとに違いがあり、たとえば日本の場合には「日本の会計原則」、「日本版GAAP」などと呼ばれたり、アメリカの場合は「US-GAAP」と呼ばれるように、該当する国を入れて使われることが多いのもその特徴です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

GAAPとは、Generally Accepted Accounting Principlesの略で、一般に認められた会計原則と訳される。
アメリカ合衆国の財務会計に使用される規則・米国会計基準(US-GAAP)は、IFRSとの統合(コンバージェンス)が進行している。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)