銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

逆イールドとは

短期金利が長期金利を上回り、イールドカーブ(利回り曲線)が右下がりの曲線となっている状態のこと。市場関係者が将来的に金利が下がるとみている場合に起こる現象で、一般的に景気後退の兆候として捉えられる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

イールドカーブ(利回り曲線)で信用リスクと通貨が同一の債券の利回り曲線が右肩下がりになっている状態のことを指します。つまり、期間が長くなるほど金利が低下する減少であり、「短期金利>長期金利」となっている経済状況を指します。対義語は「順イールド」で通常の経済状況では金利は順イールドとなることが多いです。

日本では、逆イールドが確認されたのは1989年から1991年にかけてのバブル崩壊後で、この時期は将来的な景気の悪化による政策金利、長期金利の将来的低下が容易に予測されたためです。また、アメリカでも2006年ごろには政策金利(短期金利・FFレート)よりも、10年の米国債(国債)の金利の方が低いという逆イールド状態となっていました。

逆イールドが発生する条件としては「目先のインフレ懸念が強い」「短期金利が急騰している」などがあげられます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

逆イールドとは、過度な金融不安、急激な政策変動により短期金利が急騰し、長期金利を大きく上回った状態のことです。債券市場において、一般に残存期間が長くなるほど投資資金の固定化によるリスクなどを伴うため、長期金利は短期金利よりも高くなります。しかし、様々な要因が生じて遠い将来より近い将来のほうがリスクが高くなると市場が予測した時には、長期と短期の金利が逆転します。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

グラフの横軸に債券の残存期間を、縦軸に残存期間別の利回りをとり、対応する点を結んでグラフにした曲線をイールドカーブといいます。残存期間が長い債券の利回りの方が、残存期間が短い債券の利回りよりも低い右下がりの曲線になることが、「逆イールド」です。(例)平成不況突入前(1991年)の日本。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

長期金利が短期金利を下回り、イールドカーブが右下がりの状態のこと。
⇔順イールド

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)