銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

逆張りとは

投資手法(スタンス)の一種で、相場の下落局面で買い、上昇局面で売るという投資手法です。株価が適正水準よりも大きく下落したときに買いを入れて、反発したところで売るというような、一見、相場の大きな流れに逆らって動くような投資スタンスです。反対に、相場の上昇局面では買い、下落局面では売るという手法を「順張り」といいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

相場の流れに逆らって売買すること。人気が高まっているときに売り、環境が悪く値下がりしたり、人気が離散しているときに買う。つまり、市況の裏を行く投資方法のこと。個人投資家の中には逆張りの戦略をとることも多い。逆張りは、相場がどんどん下落する中で、あえて買いを入れる、もしくは相場がどんどん上昇する中で、あえて売り建てる取引です。たとえば、買ったところが大底であれば大きな利益が期待できますが、トレンドの流れを読み間違え、買いを入れたところからさらに下落トレンドが続いた場合は、損失が大きく拡大するリスクを伴います。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

相場が上昇しているときに売り、下降しているときに買うなど、相場の流れに乗って売買するのと逆の投資手法。利食い売りなどの手じまいではなく、新規に売り買いする場合に限って使います。
⇔順張り、相場につく

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

相場が上がっているときに売り、下がっているときに買うことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

相場が悪い時に買う、あるいは、相場が良い時に売ること。

(出典 野村證券ホームページ)