銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

逆日歩に買いなしとは

信用取引には買い建てと売り建てがある。買い建ては値上がりを待って売り、売り建ては値下がりを待ってその差益を得ようとするものだ。この場合、買い方は買い方金利を支払い、売り方は売り方金利を受け取る。ところが売り方の建て玉が買い方のそれを上回ると、売り方は買い方に日歩を支払わなければならなくなる。これが逆日歩(ぎゃくひぶ)である。売りに対して買いが少なくなればなるほど、逆日歩は大きくなり、売り方は窮地に立つ。そこで売り方はたまらず高値を承知で買い戻す(これを踏むという)ことになるわけだ。当然ながら、この買い戻しによって株価はさらに高くなる。これが踏み上げ相場である。

とすると「逆日歩は買い」ともいえそうだ。事実、「逆日歩に売りなし」という格言もあり、目先的には決して間違いとはいえないが、少し長い目で見た場合は、やはり「逆日歩に買いなし」と見るべきだろう。つまり、買い方が売り方を締めつけることが、相場本来の流れにさからう動きと見れば、その反動は必至というわけである。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

逆日歩がついた銘柄は買ってはいけないという意味の株式相場の格言。信用取引では、通常、買い方が金利(日歩)を支払い、売り方がそれを受け取るが、売り方の建て玉が買い方の建て玉を大きく上回り株不足となると、逆に買い方が売り方から逆日歩と呼ばれる品貸料を受け取ることができるため、買い方がいっそう増加する。また、売り方は逆日歩の費用がかさむのを嫌い、損失覚悟で売り建てた価格より高値で買い戻すため踏み上げ相場となり価格が高騰する。ただし、株不足がいったん解消されると、本来の売り圧力が強まり株価は反転して急落することから、下手に手を出さないほうがよいという意味。

一方、逆日歩が発生した場合、目先の株式相場は上昇するため「逆日歩に売りなし」という格言もある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

逆日歩に買いなしとは、逆日歩がついた銘柄は買ってはいけないという意味の株式相場の格言です。信用取引において買い方が日歩(金利)を支払い、売り方がそれを受け取るのですが、売り方の建て玉が買い方の建て玉より大きく上回り株不足になってしまうと逆に買い方が売り方から逆日歩と呼ばれる品貸料を受け取ることができるので、買い方がいっそう増加します。株不足が解消すると本来の売り圧力が強まり株価が急落するので下手に手を出さないほうが良いという意味です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

相場の歴史の中で語られてきた教訓や戒めとなる言葉を、簡潔にあらわしたものを相場格言といい、この言葉も相場格言の一つです。

信用取引の売り残が買い残を大きく上回り株不足となると、逆日歩がつきます。買方は逆日歩が入るので有利な上に、逆日歩を払わなければならない売り方が買い戻しに入り、踏み上げ相場となりやすいことから「逆日歩に売りなし」。しかし、そうそう上手い話もなくその内に下がってしまうこともあるため、逆日歩狙いの買いを戒める意味で「逆日歩の買いなし」とも言います。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)