銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

キャッシュ・コンバージョン・サイクル(Cash Conversion Cycle)とは

略称はCCC(Cash Conversion Cycle)。企業が仕入れのために現金を投入した後どのくらいの日数で現金を回収できるかを表す指標。在庫と売掛金の回転日数の合計から買掛金の回転日数を引いて求める。値が小さいほど現金回収の効率が良いことを示す。

(出典 野村證券ホームページ)

 

キャッシュ・コンバージョン・サイクル(Cash Conversion Cycle)とは、現金循環化日数のことを指しており、企業の仕入れから販売に伴う販売における現金回収までの日数を表す指標です。日数の求め方は、在庫と売掛金の回転日数の合計から買掛金の回転日数を引いて値を求めます。米国企業では、経営指標として浸透しており、この日数が小さいほどその企業の現金回収のサイクルが早い事を意味し、現金回収の効率が良く、資金繰りが良いことを示します。

(出典 東海東京証券ホームページ)