銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

キャッシュフローとは

「キャッシュフロー」とは、お金の流れ(流入・流出、収入・支出)のこと。

「キャッシュフロー計算書」とは、会社の一会計期間中の現金及び現金同等物(3か月以内の定期預金、譲渡性預金など)の増減を表したもの。
会社の経営状態を、資金の流れ・増減を通してチェックすることができる。

解説
一定期間に流入するお金をキャッシュ・イン・フロー、流出するお金をキャッシュ・アウト・フローといい、両者を総称して「キャッシュフロー」といいます。
 例えば、代金後払いで商品を売った場合、お金が入ってないにもかかわらず、「売上」として計上してしまうため、決算書の損益計算書に記載されている売上高、純利益等は実際のお金の流れを表していないことになります。
こうしたことから「利益は意見、キャッシュは事実」といわれます。
 結局、利益というのは、会社会計という仕組みのなかから生まれた概念であるため、実際のお金の流れを表しているわけではありません。
 有価証券報告書等の決算書を見ると、キャッシュフロー計算書のなかに、営業活動、投資活動および財務活動によるキャッシュフローという項目が出てくることが分かります。営業活動によるキャッシュフローというのは、事業活動を通じて実際に稼いだお金のことをいい、投資活動によるキャッシュフローとは、設備投資、有価証券投資、企業買収等に伴うお金の流出のことをいい、財務活動によるキャッシュフローとは、借金(返済)、増資(配当金支払い)に伴うお金の流入(流出)のことをいいます。
また、営業活動によるキャッシュフローと投資活動によるキャッシュフローを足し合わせたものを「フリー・キャッシュ・フロー」といい、企業が自由に使用できるお金を表します。
なお、優良な会社の場合は、営業キャッシュフローがプラス(営業成績好調)、投資キャッシュフローがマイナス(積極的な設備投資)、財務キャッシュフローがマイナス(借入金の返済)というような傾向が見られます。

(出典 日本証券業協会ホームページ)

 

キャッシュフローとは、現金および現金同等物の流出入のこと。株式を公開している企業には、営業活動、投資活動、財務活動の3種類からなるキャッシュフロー計算書の作成が義務付けられており、貸借対照表、損益計算書と並ぶ重要な財務諸表の一つとなっている。

(出典 みずほ総合研究所ホームページ)

 

Cash Flow 企業活動によって実際に得られた収入から外部への支出を差し引いて手元に残る資金の流れのことをいいます。簡単には、当期純利益に減価償却費を加えて算出し、会社が使える現金がどれだけ増えたか、減ったかを表しています。企業決算では、キャッシュフロー計算書を作成します。キャッシュフロー計算書では、日常の営業活動で得た収入からそれに要した費用を差し引いた営業キャッシュフローと、設備投資や有価証券投資、資産売却などによる投資キャッシュフロー、借入金や債券の発行など財務活動による財務キャッシュフローとそれらの合計が計算されています。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

「資金の流れ」を意味する。資金の流出をキャッシュ・アウトフロー、資金の流入をキャッシュ・インフローといい、両方あわせてキャッシュフローという。
会計の場合には、企業活動におけるキャッシュの出入りを示し(ネットインカム+純利益)、証券分析の場合には、投資対象によって得られるすべてのキャッシュを総称する。
企業の活動状況について、活動状況を会計処理して表すものを財務諸表と呼ぶが、金融商品取引法の財務諸表規則に則って作成される財務諸表において定義されるキャッシュフローとは、現金や現金同等物の増加または減少をさす。
なお、一会計期間のキャッシュフローの状況を、一定の活動区分別に表示したものを「キャッシュフロー計算書」と呼ぶ。

(出典 野村證券ホームページ)

 

企業の営業活動や投資活動、財務活動による実際の現金の流れのこと。
「現金収支」ともいいます。決算書の損益計算書に記載されている売上高、純利益は、企業会計の仕組みの中から生まれた概念で、実際にお金が入金されていないにもかかわらず計上できるため、お金の流れを表しているわけではありません。このため、「利益は意見、キャッシュは事実」といわれ、欧米では古くからキャッシュフロー計算書の作成が義務付けられていました。日本でも2000年3月期決算から上場企業には財務諸表のひとつとして「キャッシュフロー計算書」の作成が法的に義務付けられました。

(出典 大和証券ホームページ)

 

一般には現金(キャッシュ)の出入りという意味で使用されますが、(1)企業会計上と(2)証券投資においては意味が異なります。(1)会計上のキャッシュフローでは、企業がどれくらいキャッシュを獲得し、何に使い、最終的に手元にいくら残っているかを見ることで企業活動全般の動きを捉えようとするものです。日本では、2000年3月期決算より、上場企業等にキャッシュフローを企業の活動領域(営業活動、投資活動、財務活動)別に区分して計算したキャッシュフロー計算書を作成し、公表することを義務付けました。(2)証券投資においては、投資額と得られる利子や配当等の現金の流れ(やりとり)を意味します。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

キャッシュフローとは、一般的に資金の流れのことを言います。資金の流入をキャッシュインフローと言い、反対に資金の流出をキャッシュアウトフローと言います。キャッシュフローは企業活動や証券分析に用いられることが多く、現金や現金と同等な物の出入りを示すことが多いです。企業の一会計期間の資金の流れを一定の活動区分別に記載した物をキャッシュフロー計算書と呼んで、企業の財務面での管理に使われることが多くなっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)