銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュ・フロー計算書とは、一会計期間の企業のキャッシュ・インとキャッシュ・アウトを捉え、企業のキャッシュの流れを計算して表示する財務諸表です。

キャッシュ・フロー計算書とは、その名称のとおりキャッシュ(=お金)のフロー(流れ)を計算するための財務諸表です。

企業は事業活動に伴いさまざまな取引を行っていますが、企業の取引には当然キャッシュが関連しています。取引には企業にキャッシュを流入(キャッシュ・イン)させる取引とキャッシュを企業から流出(キャッシュ・アウト)させる取引があります。キャッシュ・フロー計算書は一会計期間の企業のキャッシュ・インとキャッシュ・アウトを捉え、キャッシュの期首残高に加減算してキャッシュの期末残高を計算する形式で、企業のキャッシュの流れを計算して表示する財務諸表です。

キャッシュ・フロー計算書は貸借対照表や損益計算書と同じく財務諸表の一つに位置付けられており、これらの財務諸表は相互に密接な関係を持っています。

(出典 EY新日本有限責任監査法人ホームページ)

 

キャッシュフロー計算書とは、一会計年度におけるキャッシュフロー(現金および現金同等物の流出入)を示す計算書類のこと。株式を公開している企業には、営業活動、投資活動、財務活動の3種類からなるキャッシュフロー計算書の作成が義務付けられており、貸借対照表、損益計算書と並ぶ重要な財務諸表の一つとなっている。

(出典 みずほ総合研究所ホームページ)

 

キャッシュ・フローとは、会社の現金の流れを示しています。
一定会計期間内のキャッシュ・フローを表した、つまりどれだけ現金が流入し、そして流出したかを示す財務諸表をキャッシュ・フロー計算書といいます。現金がなければ、会社の資金繰りができない訳ですから、利益と同時に把握する必要があります。

(出典 freeeホームページ)

 

キャッシュフロー計算書とは、会社の活動を営業活動、投資活動、財務活動の3つに分け、それぞれについて各期の現金の増減に対する影響を整理して表示したもの。

損益計算書(P/L)は、実際の現金の動き(現金主義)ではなく、商品や製品が販売された、あるいは費用が発生したというように、実態に基づく発生主義/実現主義で会社の事業活動を表そうとしているため、必ずしも利益(損失)と現金の増減が一致しない。しかし、企業活動を安定的に続けていくためには、事業活動と現金収支の関係を明確にし、現金の増減の状況を把握しておく必要がある。そこで、キャシュフロー計算書の作成が義務づけられている。

営業活動によるキャッシュフローとは、本業の営業でキャッシュ(現金)をいくら稼いだかを示すもので、最も重視されるキャッシュフローである。

また、投資活動によるキャッシュフローは、営業サイクルを維持拡張するために必要な設備投資や資産の売却(キャッシュの増加)、資金の貸付や回収、あるいは株式などの有価証券の売買といったキャッシュの流れ。財務活動によるキャッシュフローは、銀行からの借入れによる現金増、借入金返済による現金減、株主配当、増資、自社株買いなどによるキャッシュの流れである。これらは、いずれも本業の営業活動を支援する活動から生まれるキャッシュフローである。

(出典 グロービス経営大学院ホームページ)

 

財務諸表のひとつで、一会計期間における企業活動による実際の現金および現金同等物の流れを示した書類。英語表記「Cash Flow Statement」を略して「C/F」とも呼ばれます。2000年3月期決算から、上場企業に作成が義務付けられました。キャッシュフロー計算書のなかに、営業活動、投資活動および財務活動によるキャッシュフローという項目があります。営業活動によるキャッシュフローというのは、事業活動を通じて実際に稼いだお金のことをいい、投資活動によるキャッシュフローとは、設備投資、有価証券投資、企業買収などに伴うお金の流出のことをいい、財務活動によるキャッシュフローとは、借金(返済)、増資(配当金支払い)に伴うお金の流入(流出)のことをいいます。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

財務諸表のひとつで会計期間においての現金及び現金同等物の増減を営業活動・投資活動・財務活動の3つのカテゴリーに区分して表示したもの。

キャッシュ・フロー計算書の特徴
一般的に会社の経営状況を判断する材料として最もポピュラーなのは、損益計算書(会計期間の損益状況をフローとして表示)、貸借対照表(会計期間末時点の資産・負債・純資産をストックとして表示)の2種類であるが、このキャッシュ・フロー計算書はキャッシュ(会計期間の現金及び現金同等物)のフロー状況を示した財務諸表で、近年重要視されているカテゴリーである。

TSRの視点
キャッシュについては、現在の経営分析において最も重要視されている分野のひとつであり、特にリーマンショック後の2008年には、過去最高の売上・収益を計上したのにも関わらず、破綻した企業が目立った。なぜ、業績好調な会社が破綻するのか?その原因のひとつとなったのが”キャッシュ”の不足=資金破綻である。この時期の倒産で目立っていたのは、一事業で多額の資金が必要となる不動産業(デベロッパーを含む)である。すなわち業績(売上・収益)が良かったとしてもキャッシュの入出金はあくまで別概念(成約から入金までタイムラグがあるなど)であり、たとえ業績が良かったとしても決められた期日に支払額を用意できず、金融機関からの融資(企業にとって入金)も審査がおりず受けられなければ破綻につながってしまうのである。よって、損益計算書、貸借対照表とキャッシュ・フロー計算書を総合的に与信の材料とすることが重要となってくる。

(出典 東京商工リサーチホームページ)

 

キャッシュ・フロー計算書とは、一会計期間における企業の現金収支状況を示す財務諸表です。このキャッシュ・フロー計算書は、会計期間における資金(現金及び現金同等物)の増減、つまり収入と支出(キャッシュ・フロー)を営業活動・投資活動・財務活動ごとに区分して表示します。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

キャッシュフロー計算書とは、貸借対照表と損益計算書と並び、基本財務諸表のひとつと位置づけられていて「第三の財務諸表」とも言われています。企業集団の1期間における現金の収支を報告するものです。なお現金に相当する現金同等物もこの中に含まれます。一般的には現金の出入りをみるためのもので、企業活動全般の動きを把握するものです。今では企業経営の健全さを求めて、キャッシュフロー計算書を重要視する人も増えてきています。

(出典 東海東京証券ホームページ)