銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

CATボンドとは

CAT(Catastrophe=カタストロフィの略)ボンドは、一般に、同程度の格付けの発行会社が発行する普通社債よりも高い利率が支払われる代わりに、自然災害(台風・洪水・地震など)が発生した場合には、投資家の償還元本が減少する仕組みの債券のこと。

発行会社は、普通社債を発行する場合よりも高い利率を支払うこととなるが、一定水準以上の自然災害が発生した場合には、あらかじめ契約で定めた条件(マグニチュード等の災害規模や対象地域の特定など)に応じた金額を受け取ることができる。発行会社にとって、受け取った資金の使途に制限がないため、災害復旧のために幅広い対応が可能であること、資金の受け取りが被災後、比較的短期間で出来ることなどのメリットがあり、CATボンドは、従来の損害保険や金融技術を代替・補完する新たなリスク管理手法として注目されている。

さらにCATボンドは、景気や株価・金利変動との相関が小さく、高クーポンが得られるリスク分散商品として、ここ数年、欧米の機関投資家等からの需要が増加している。

(出典 野村證券ホームページ)

 

一定のリスクを投資家に移転するためのリスク関連証券で、一定の条件が満たされると元本の償還が免除される変動利付債としてしばしば発行されます。
同程度の格付の普通社債よりも高い利率が支払われる代わりに、自然災害(台風・洪水・地震など)が発生した場合には、投資家の償還元本が減少する仕組みになっています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

この金融商品はいわば保険の一種だ。たとえば、雨が降るとスポーツイベント(プロ野球やサッカーJリーグの公式試合など)が中止になり、スタジアムで弁当や飲食物を販売する業者の売り上げはゼロになる。そのようなリスクを回避するため、事業者はあらかじめ掛け金を支払うと雨天で試合が中止になった時に補償金が支払われる契約をする。そういった保険契約(補償契約)を組み入れた金融派生商品がCATボンドのベースになっていると考えてもらいたい。

 ホテルやレジャー施設など事業規模の大きな企業・事業体で広く利用されるものには、天候不順だけでなく、巨大台風や洪水、大震災などの自然災害に対応するタイプが主流である。それが、一般に馴染みのない「大災害債券」というものだ。投資家の間では、英語表記の”Catastrophe bond”を略して「CATボンド」と呼ばれている。雨天のような日常的な自然現象とは異なり、数百年に一度といった低頻度の巨大災害が起きるとCATボンドの発行体は多額の補償金を受け取れるという仕組みだ。

 CATボンドという金融派生商品が成り立つのは、「3~5年といった契約期間中に、条件に合致する大地震は発生しない」と予想して、CATボンドを購入する投資家がいるからである。大地震が起きなければ投資家は比較的高い利子収入を得られ、期間終了時には投資元本を受け取れる。しかし、地震が起きれば、多額の補償金の受け手として設定されている企業や事業体に対し、投資家は補償金の原資を分担して負担しなければならない。つまり、投資元本が毀損するリスクがある。

 CATボンドは従来から投資家の根強い人気と需要があるが、その理由は分散投資をする上で、株式や債券といった一般的な金融資産の値動きと全く関係がなく、値動きの相関性が非常に低いからだ。保険関連商品に専門的に投資する欧米のヘッジファンドもあるが、効果的な分散投資を志向する海外の年金基金などがCATボンドの主な投資主体である。

(出典 モーニングスターホームページ)

 

CATボンドは標準で発行された社債よりも高利率が支払われることが約束されますが、自然災害が起きた際には還元元本が下がることを約束された債券のことです。自然災害などが発生しやすい土地に建てられた企業や自然災害に強く株価の影響を受けてしまう企業が保険として打っておく制度です。通常時にはCATボンドの分高利率が上乗せされるので、社債をすぐに手放す場合自然災害などの影響を考慮しなくて良いのでその分お得です。

(出典 東海東京証券ホームページ)