銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

ギャップダウン(Gap Down)とは

英語表記はGap Down(GD)。前日の終値よりも当日の始値が安値で寄り付くこと。寄り付き前に買い注文を上回る売り注文があるとギャップダウンする。株価チャートではローソク線が下に隙間を空けて線画されるため、「下に窓をあける」「下放れる」ともいう。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ギャップダウン(Gap Down)とは、深夜の取引時間外での海外市場などの下落を受けて、寄り付きから大きく値を下げてスタートすることを意味します。このような状況においては、売りの注文が殺到することになりますが、それに対する買い注文が少ないことからなかなか約定せずに気配値だけが下げるという展開になります。その結果、前日の終値と比べて大幅に下げた価格でようやく取引が成立することになります。先物が主導するケースも多く見られるものとなります。

(出典 東海東京証券ホームページ)