銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインとは、株式や債券など、保有している資産を売却することによって得られる売買差益のことです。
例えば、株価30万円で購入した株式が、35万円になったときに売却した場合、差額5万円(手数料・税金を除く)がキャピタルゲインになります。キャピタルゲインは、株や債券だけでなく、不動産、金、プラチナなどの貴金属を売買することでも得られる可能性があります。
売却することによって損失が出た場合はキャピタルロスといいます。
キャピタルゲインに対し、資産を保有していることによって得られる収益(利息や配当等)をインカムゲインといいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

有価証券や土地などの資産の元本価格変動に伴って生じる売買差益のこと。用語の使用例1株1000円の株価が1500円に上昇すると、500円分のキャピタルゲインが発生する。(※売買に関わる手数料等は除く。)もっと知りたい!投資によって得られる収益の1つ。キャピタルゲインのほか、債券の利金、株式の配当金などのことをインカムゲインといいます。キャピタルゲインが期待される金融商品は、逆に株価などの下落に伴うキャピタルロスを被るリスクもあり、一般的にハイリスク・ハイリターンの傾向がみられます。特に、金(きん)などのコモディティは収益源がキャピタルゲインのみとなり、インカムゲインによる下支え要因がないため、相場が乱高下しやすいという特性を持っています。これに対して株価は、大きく下落すると配当利回りが向上し、金利との裁定関係が働くことから、一定水準のところで株価下落に歯止めがかかる可能性があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

有価証券、土地等の資産の価格変動に伴って生じる売買差益のこと。
株式、土地等の資産の価格変動に伴う利益をいう。譲渡益・資本利得と訳される。

逆に、資産売却により、損失となった場合はキャピタル・ロスと呼ぶ。 利子・配当等のインカムゲインと対比される。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株式や債券など資産価格の値上がりによる利益のことを指します。売却することにより得られる収益です。信用売りの買い戻しによる利益もキャピタルゲインです。損失の場合はキャピタルロスと言います。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

キャピタルゲインとは、株式や債券、土地等の保有資産の価格が値上がりすることによって売却する時に得られる収益(譲渡益)のこと。一方、値下がりによって売却する時に生じる損失をキャピタルロスという。

(出典 みずほ総合研究所ホームページ)