銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

キャリートレードとは

機関投資家・ヘッジファンド等の有力な資金調達・運用手法とされる取引で、金利の低い通貨で資金調達して、金利の高い通貨で運用して利ザヤを稼ぐ手法をいう。特に円で資金調達をおこなう場合を円キャリートレードという。

円キャリートレードは、機関投資家・ヘッジファンド等が低金利の円などの通貨で資金調達し、それをドルに換えて、金利の高い米国債等で運用し、金利差収入を獲得する。なお、円キャリートレードが加速すると、円が売られやすくなり、円安をもたらす要因の一つと考える見方もある。

(出典 野村證券ホームページホームページ)

 

キャリートレードとは、金利の低い通貨で資金の調達をし、金利の高い通貨に変換して、高金利で運用することで利益を稼ぐ手法のことをいいます。機関投資家やヘッジファンドなどの有力な資金調達、運用方法となっています。円で資金を調達する場合は円キャリートレードと呼ばれています。円キャリートレードでは、金利の低い円で資金を調達し、円をドルに変えて金利の高い米国債券や外国株式などで運用し、金利差による収入を稼ぎます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

機関投資家・ヘッジファンドなどの有力な資金調達・運用手法とされる取引で、金利の低い通貨で資金調達して、金利の高い通貨で運用して利ザヤを稼ぐ手法のことです。特に円で資金調達をおこなう場合を円キャリートレードといいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

「金利の低い国の通貨を借りて、それを金利の高い国の通貨と交換すること」である。

(出典 楽天証券ホームページ)

 

円資金を借入れて取引を行う行為を指し、円キャリー取引とも呼ばれます。

金融市場において、世界各国より相対的に低い金利の円を調達した後、高金利の外貨に換えて運用益や利ざやを獲得することを目的とすることが多いです。

(出典 幻冬舎ゴールドオンラインホームページ)

 

キャリートレードとは、金利の低い通貨で調達した資金を、金利の高い通貨と交換し、運用する事で金利差収入を獲得する取引方法で、FXにおけるスワップ取引もキャリートレードの一つといえます。

高金利通貨での運用は、債券投資や株式投資、不動産投資などの金融商品で行なわれ、これらの金融資産を一定期間保有した後に売却する事で、利益をだします。ヘッジファンドなどの機関投資家の一般的な運用方法としてキャリートレードは利用されています。

日本円を借り入れ、金利の高い国の通貨に転換することを円キャリートレードといい、円の転換先は、新興国の通貨や、金利の高い豪ドル等が人気があります。
日本円は低金利で流動性が高く、借り入れ対象として人気のため、円キャリートレードによって円が売られることで、円安を進める材料となっています。

キャリートレードは日本円の他、スイスのフランキャリートレードや、アメリカのドルキャリートレードなどで盛んに行なわれていますが、転換先通貨国の経済状況によっては収支がマイナスに転換し、機関投資家の資金が一斉に引き上げられることもあり、世界経済が安定していなければ行なえない取引ともいえます。

(出典 楽天ホームページ)