銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

QE2とは

英語表記はQuantitative Easing 2=日本語では量的金融緩和第2弾の略称。米連邦準備理事会(FRB)が2009年の量的緩和(QE)に続いて、景気回復の促進とインフレ率の低下阻止などを目標に、2010年11月から2011年6月にかけて1カ月あたり約750億ドル、合計6000億ドル分の米国債の追加購入を行った。

(出典 野村證券ホームページ)

 

QE2は、Quantitative Easing2の略称です。日本語では「量的緩和政策第2弾」とも呼ばれ、アメリカ合衆国の連邦準備制度理事会が2010年11月3日に開催した連邦公開市場委員会の後に発表した量的緩和政策を指します。この政策をとる背景には、国の景気が悪化している状況下に、資金量を増やすことによって市場の経済を活性化する目的とインフレ率を上げたいという狙いがあります。うまくいけば雇用の創出にもつながるということが考えられますし、資金流入量が多すぎると当然インフレを誘発します。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

QEとはQuantitative Easingの略で、量的緩和(政策)を指します。量的緩和は各国の中央銀行が市場に大量に資金を供給することで、デフレの脱却や景気を刺激することを目的として行うものです。米国で行われているQEのうち、2008年11月~2010年6月までが「QE1」、2010年11月~2011年6月までが「QE2」、2012年9月~2014年10月は「QE3」と呼ばれています。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)