銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

QFII(Qualified Foreign Institutional Investors)とは

Qualified Foreign Institutional Investorsの略称で、適格海外機関投資家のこと。国内市場で海外投資家が取引することを制限している国において、例外的にその国の通貨で自由に取引することが認められている機関投資家。中国では中国証券監督管理委員会(CSRC)の認定を受け、かつ中国国家外貨管理局(SAFE)から投資限度額の認可を取得した海外の機関投資家が、投資限度枠内で外貨を人民元に両替し、中国人民元建ての金融商品(上海A株、深センA株や債券)等へ投資を行うことができる。

中国本土の人民元建て証券市場に対する外国人の投資制度は、2002年末にQFIIが導入された後、オフショアで調達した人民元で本土の株式・債券へ投資を行うことができる「RQFII(人民元適格海外機関投資家)」制度が2011年末に導入された。2014年11月以降は、「上海・香港ストック・コネクト」の開始に伴い、香港経由で海外の個人投資家が上海A株を直接購入することが可能になった。

(出典 野村證券ホームページ)

 

英語表記で「Qualified Foreign Institutional Investors」の略で、「適格海外投資家」のこと。
中国国外の投資家ですが、一定の条件を満たすことで、中国本土の一部の証券に投資することが認められています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

日本やアメリカ等は、自国通貨(円や米ドル)を使って自国内市場で海外投資家が取引することを原則自由としています。しかし世界には中国のように通貨(為替)管理を目的として、自国内市場において自国通貨(中国であれば人民元)を使った海外投資家による取引を、自由にはしていない国々もあります。
そのような国々において、その国の政府からその国の通貨で取引することを認められている投資家を、QFII (Qualified Foreign Institutional Investors、適格国外機関投資家) と呼びます。

| 中国の場合 |

中国証券監督管理委員会(CSRC)の認定を受け、かつ国家外貨管理局(SAFE)から投資限度額の認可を受けた中国国外の機関投資家に対して、人民元建で取引を行なう中国国内の証券市場(上海/深センのA株市場等)への投資を、一定の条件の範囲内で認めています。
QFII制度において、一定期間、中国国外への送金に規制がかかっており、その一定期間経過後も中国国外への送金および中国国内への入金について、一定の制限があります。

つまり、日本在住の一般の個人投資家やQFIIとして認められていない機関投資家等は、自由に上海A株や深センA株等(※)を売買することはできません。人民元建のA株に投資したい場合は、QFIIに認定された運用会社のファンド等を利用する必要があります。

※人民元建ではないB株や香港証券取引所上場の株式等の売買では、このような規制は適用されません。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

QFII(Qualified Foreign Institutional Investors)は、適格国外機関投資家と言い、通貨管理を目的として自国のなかの市場において自国の通貨を使った海外の投資家による取引を自由にしていない国があります。そういった国で、その国の政府からその国の通貨で取引することを認められている投資家を、QFIIと呼ばれます。中国の企業に対して投資することを許されている、中国国外に本社を置く金融機関のことを言います。それらの金融機関が保有する中国が保有する人民元への投資枠のことです。

(出典 東海東京証券ホームページ)