銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

旧株とは

株式会社が株式分割や増資、合併・株式交換等により、新しく発行する株式のことを新株というのに対して、すでに発行されている株式のこと。

なお、旧株を親株、新株を子株ともいう。

(出典 野村證券ホームページ)

 

企業が増資などにより新株を発行した場合、それ以前に発行されていた株式のこと。
「親株」ともいいます。新たに発行した株式のことを「新株」「子株」と呼びます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

企業の増資や合併によって新しく発行した株を新株あるいは子株というのに対して、既に発行している株を旧株あるいは親株と言います。決算時には配当を受ける権利は同一比率となり、新旧の株の合併で全てが旧株、つまり親株となります。また、合併時には解散会社の株主に対して新株が発行され、解散会社の旧株式1株に対して割り当てられる存続会社新株の比率が決定されますが、算出された内容により現金で調整される場合もあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

企業が株式分割や増資、合併・株式交換等により、新しく発行する株式のことを新株というのに対して、すでに発行されている株式を旧株といいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)