銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

強圧的二段階買付とは

最初の買付けで全株式の買付けを勧誘することなく、二段階目の買付条件を不利に設定し、あるいは明確にしないで、公開買付け等の株式買付けを行うこと。

このような買付けは、株主に最初の買付けへの応募を強要する買付けになる恐れがあるため、多くの企業の買収防衛策では、買付者がルールを遵守した場合でも対抗措置を発動することができる例外的な要件の一つとして定められている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

強圧的二段階買付とは企業買収におけるひとつの手法です。まず、公開買い付けを行った際に、公開買い付けに応募をしなかった株主からも株式が買い付けられる手続きを公開買い付け前にあらかじめに決めておく手法のことを二段階買付と言います。この二段階買付の最初の買い付けで全株式の勧誘を行わず、二段階目の買い付け条件を不利に設定して株式の買い付けを行う行為を強圧的二段階買付と言います。この強圧的二段階買付は株主に対して、最初の買い付けに応募をさせることを強要する行為と言えます。

(出典 東海東京証券ホームページ)