銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

共済年金とは

国民年金の上乗せとして、公務員及び私立学校の教職員が加入する年金制度。2015年10月より厚生年金に一元化された。具体的には、被保険者の年齢制限、給付範囲などの制度的な差異を解消し、保険料率は段階的に引き上げることで最終的に厚生年金の保険料率(上限18.3%)に統一されることとなった。いわゆる3階部分にあたる職域部分は廃止され、代わりに退職等年金給付(年金払い退職給付)が創設された。

(出典 野村證券ホームページ)

 

常勤の国家公務員、地方公務員や私立学校教職員などの共催組合員である「第2号被保険者」を加入対象とした公務員制度。
2015年10月に「被用者年金一元化法」が施行され、共済年金は厚生年金に統一されました。公的年金の2階部分について年金財政の安定性を高めるとともに、将来的には、民間サラリーマンと公務員を通して、同一の報酬であれば同一の保険料を負担し、同一の年金を受給するようにすることで、公的年金の公平性を確保する狙いです。共済年金加入者だった人の保険料率は段階的に引き上げられ、厚生年金の保険料率(上限18.3%)に統一されます。

これまで、現役時代に民間企業と公務員の両方で働いた人は、定年退職後に日本年金機構と共済組合の両方に、年金の支給の決定申請をしなければいけませんでした。現在は、どちらか一方に申請すれば済むようになるなど、書類提出や相談窓口のワンストップサービス化が始まっています。

(出典 大和証券ホームページ)

 

共済年金は、役割としては厚生年金と同じで、制度の中身も基本的に厚生年金と同じです。職種によって、共済年金に加入するか、厚生年金に加入するかが変わります。普通の会社員は厚生年金に加入し、公務員は共済年金に加入すると考えると間違いありません。この二つの年金は、閣議決定に基づき統一されることになっています。統一の目的としては、年金財政の範囲を拡大して、制度の安定性を高め、少子高齢化などの問題に対応することです。

(出典 東海東京証券ホームページ)