銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

強制加入とは

では公的年金への加入が20歳以上60歳未満のもの全てに義務付けられています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

日本では、20歳以上60歳未満の人はすべて公的年金への加入が義務づけられている。

なお、加入が本人の意思に委ねられているものを任意加入という。

(出典 野村證券ホームページ)

 

強制加入とは、年金などへの加入が、一定条件を満たした国や各種団体の成人全員に義務付けられることです。一番身近な例では、国による公的年金制度のひとつである国民年金がよく知られています。日本国内に在住の20歳以上60歳未満の人は、必ず加入しなければいけないことになっています。これは、国民全員で制度を支えることにより、老後の確実な年金給付を行うためを目的としています。加入が本人の意思に委ねられているものを任意加入という。

(出典 東海東京証券ホームページ)