銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

共通番号制度とは

国民一人一人に12けたの「個人番号」を割り当て、国民の所得、年金、医療などの情報を一元的に管理する制度。「マイナバー制度」とも呼ばれる。2013年5月24日、「共通番号(マイナンバー)法」が成立し、2015年10月から「個人番号の通知」がスタートした。

マイナンバー制度が創設された背景として、2002年に稼働した住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の「住民票コード」がほとんど活用されていないことや、税や社会保障制度のあり方を見直す必要性が出てきたことが挙げられる。この2つの問題を解決するには、社会保障(給付)と税(負担)の仕組みを抜本的に改めなければならず、そのためには個々人の所得や給付状況を正確に把握する必要があったのである。

また昨今では、マイナンバーカードを所有していることが条件となるが、マイナンバーカードに内蔵されている電子証明書をスマートフォンに搭載することについて制度を見直す動きがある。

マイナンバー制度のメリットとして、以下の3つがあるといわれている。
(1)行政事務の効率化により、その分人や財源を行政サービスの向上のために利用できる
(2)社会保障・税に関する行政の手続で添付書類を減らすことができたり、各種行政手続がコンビニエンスストアなどからオンラインでできたりすることにより、利便性が向上する
(3)所得をこれまでより正確に把握するとともに、きめ細やかな社会保障制度を設計し、公平・公正な社会を実現できる

(出典 大塚商会ホームページ)

 

マイナンバー制度は、「社会保障」、「税」、「災害対策」の3分野において分野横断的な共通番号を導入することで、「行政の効率化」、「国民の利便性の向上」及び「公平・公正な社会の実現」を行うための社会基盤として設けられた制度です。
2016年1月から順次、各種行政手続時(年金、医療保険の手続きや確定申告等の税の手続きなど)に、12桁の個人番号(マイナンバー)を利用することになります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

国民一人一人に固有の番号(マイナンバー)を割り振り、 年金や保険などの社会保障と納税を共通の番号で管理する目的で創設された制度。国民は行政手続の簡素化などのメリットが得られるほか、将来的には社会保険料等の支払いに関する各自の情報を簡易に入手することが可能。ただ、個人情報の漏えいや不正使用などに対する懸念も指摘されている。2015年10月から住民票を有する国民に番号が通知され、2016年1月からは年金や医療保険などの給付や納税、災害支援の手続きの際に当該番号が必要になった。

(出典 野村證券ホームページ)

 

国民一人一人に番号を割り振ることを定めた「社会保障・税共通番号制度」にかかる法律案(正式名称「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律案」、通称「マイナンバー法案」)が5月24日、参院本会議で可決、成立した。2016年1月から制度の運用がスタートする予定である。

この「マイナンバー制度」とは、国民一人ひとりに12桁の番号を割り当てて、氏名や住所、生年月日、所得、納税実績、年金などの社会保障に関する個人情報を、その番号で一元管理する「共通番号制度」のことで、希望者には、番号と顔写真などが記載された個人番号カードが交付される。それぞれの国民の所得状況や年金、医療などの受給実態を正しく把握して、効率的な社会保障給付を実現することが目的とされている。

この制度が始まると、納税や社会保障に関する情報が一元的に管理できるようになる。行政に役立つだけでなく、国民にとっても、例えば年金や介護保険の納付状況がインターネットで確認できたり、確定申告の手続きが今よりも簡単にできたりといったメリットが考えられる。

一方で、所得や健康状態といった重要な個人情報が流出したり、他人に悪用されたりする危険性も指摘されている。

(出典 日本歯科医師連盟ホームページ)

 

共通番号制度という番号が2016年に導入されることが予定されており、国民一人一人には割り振りそれを元に年金、保険などの支払い請求や管理などが行います。この番号によって国民全体が社会保障制度の恩恵を受けることや行政手続きの簡略化などの恩恵があります。またインターネットで社会保険料や国民年金などの支払い状況を確認するための番号としても使用しますが、反面情報漏洩の危険性も考慮されており対策が検討されています。

(出典 東海東京証券ホームページ)