銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

拠出とは

企業年金においては事業主が資産管理機関に、個人型年金(iDeCo[イデコ])においては加入者(※)が国民年金基金連合会に、それぞれ掛金を払い込むこと。なお、企業型年金においてマッチング拠出を実施している場合、加入者が拠出した掛金についても、事業主が事業主掛金と合算して資産管理機関に払い込む必要がある。

(※)2018年5月より、一定の要件の下で事業主が追加で掛金(中小事業主掛金)を拠出することも可能。

(出典 日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社)

 

拠出とは、年金や保険の加入者が運営者に対して、掛金を払い込むことです。年金なら国に毎月支払っている国民年金や国民保険、保険金なら保険の運営会社に支払っている月々の保険料のことです。拠出はこのような掛金のことであり、毎月膨れ上がっていくお金の総量になります。ここから国や保険会社の運営資金に回したり、いざという時に拠出の中から必要な分のお金を払い戻したりといった運営が行われており、私達の生活にとってとても身近なものです。

(出典 東海東京証券ホームページ)