銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

均一価格販売方式とは

社債の発行方式のひとつで、募集期間中は値引きせずに発行価格で投資家に販売することを義務付ける販売方式のこと。発行価格や年限、利率などの発行条件は引受シンジケード団を構成する証券会社等が投資家の需要予測等の市場情勢を基に決定する。

業者の過度の競争などを避け、社債市場の透明性を確立する目的で導入され、現在ではこの方式が一般的になっている。このほか、社債の発行方式には、もっとも有利な条件を提示した証券会社等を主幹事会社とし、主幹事会社と発行会社との間で最終的な発行条件を決定する「プロポーザル方式」がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

均一価格販売方式とは、社債の発行を行う時に引受シンジケート団が結成され、発行価格、年限、利率などの発行条件を引受シンジケート団を構成している証券会社などが投資家の需要予測など市場情勢をもとに決定し、それから一定の期間引受シンジケート団が定めた発行価格による投資家への販売を義務付ける販売方式のことをいいます。業者の過度な競合などを避けるために、社債市場の透明性を確保する目的で導入されたもので、現在この方式が主流となっています。

(出典 東海東京証券ホームページ)