銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

金融経済とは

お金とモノを交換する「実物経済」に対して、お金を銀行に預けたり、株式などの金融商品を売買したりするなど、モノを介さずにお金だけが動く経済活動のことをいう。全ての経済活動をみた場合、規模は「実物経済」よりも「金融経済」のほうが大きい。

(出典 野村證券ホームページ)

 

金融経済とはお金に限った経済活動の事を指します。具体的にどのような行為が金融経済にあたるかと言えば現金を金融機関である銀行に預け入れる行為や株式等の金融の商品を販売するといった事に想定されます。この経済活動を採用するメリットとしては物を介さない事が利点として挙げられます。何故モノを介さない事がメリットであるかと言う理由は物を必要とする実物経済の経済規模は物がなくては実行できない事に対して物を介さない経済活動は範囲が広く規模も大きい事がメリットである理由になります。

(出典 東海東京証券ホームページ)