銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

金融債とは

金融債とは、特定の金融機関が発行できる債券のことです。
半年ごとに利息が支払われる利付金融債と、発行時に額面金額から利息相当分を差し引いた金額で発行される割引金融債の2種類があります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

金融債とは、特定の金融機関が特別の法律に基づいて資金調達を行うために発行する債券のことです。特別法により債券の発行を円滑にするために特別な規定が設けられています。現在では発行を停止したものもあります。長期信用銀行法、外国為替銀行法の対象になる銀行が発行できる銀行債、農林中金、信金中金など系統金融機関などが発行できる特定金融債に分けられます。また、定期的に利息が支払われるクーポンがついた利付金融債や、クーポンがなく利息に相当する金額を割り引いて発行される割引金融債があります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

金融債とは、特別法に基づき、特定の金融機関が自らの資金調達のために発行できる債券のこと。割引金融債、利付金融債等がある。最近では、発行総額は縮小傾向にある。

(出典 みずほ総合研究所ホームページ)

 

特別法に基づく金融機関が発行する社債で、利付金融債と割引金融債があります。旧長期信用銀行の流れを汲む銀行や、商工中金、農林中金、信金中金などに発行が認められており、個人や機関投資家向けに販売されています。これらの金融機関は主に金融債を通じて資金を調達、企業に長期の産業振興資金を供給してきました。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

特定の金融機関が特別な法律に基づいて発行する債券。金融債には、クーポン(利子)が支払われる「利付金融債」と、利子相当額を割り引いて発行する「割引金融債」がある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

金融機関がそれぞれの根拠法に基づいて発行する債券のこと。長期信用銀行法などに基づいて新生銀行、あおぞら銀行、みずほ銀行、みずほコーポレート銀行が発行する債券と農林中央金庫、商工組合中央金庫、信金中央金庫が発行する債券などがあります。特別法で発行を認められた金融機関の債券で信用力が高いため、事業債とは異なり、発行にあたっては、その都度発行予定額や発行条件などを主務大臣に届け出ればよいことになっています。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)