銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

金融商品仲介業とは

金融商品仲介業とは、金融商品取引業者または登録金融機関の委託を受けて、有価証券の売買の仲介や募集もしくは売出しの取り扱い、または私募の取り扱いなどを行う業務のことをいいます。なお、金融商品仲介業を行うには管轄の財務局長に届け出て、内閣総理大臣の登録を受ける必要があります。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

金融商品取引業者等の委託を受けて、「有価証券の売買等の媒介」や「有価証券の募集もしくは売出しの取扱い」などを行う。特定の証券会社に属さず、独立・中立的な立場で資産運用のアドバイスを行う。金融商品仲介業者の業務内容は、取引の勧誘や仲介、申込みの受付等に限定され、契約当事者とはならないため、顧客はあくまでも委託元の証券会社等と契約することになり、顧客の口座は委託元の証券会社等が管理することになる。

金融商品仲介業を営むには、金融商品仲介業者として内閣総理大臣の登録を受けること、日本証券業協会の外務員登録を受けることが必要である。

(出典 野村證券ホームページ)

 

有価証券の売買を証券会社などの金融商品取引業者に取り次ぐことができる業務。個人、法人を問わず、内閣総理大臣の登録により営むことができます。従来は「証券仲介業」と呼ばれていましたが、2007年に証券取引法が金融商品取引法に改正されたことに伴い、名称が変更されました。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

外務員資格を取得した個人・法人が、金融商品取引業者(証券会社等)から業務委託を受けた有価証券の売買等の媒介、募集もしくは売り出しの取扱いができます。
また、金融商品仲介業を営むには、内閣総理大臣の登録を受ける必要があります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

金融商品仲介業とは、証券会社等の委託を受けて有価証券の売買の媒介、有価証券の募集や売り出しの取り扱いまたは私募の取扱い、投資顧問契約や投資一任契約の締結の媒介等の業務のことを言います。金融商品仲介業を行うためには、管轄の財務局長に届け出て内閣総理大臣の登録を受けなければならず、その登録を受けた者を金融商品仲介業者といいます。この制度は、金融商品を取り扱う代理店制度を目指して作られた制度であり、業者は特定の証券会社等に属さず独立・中立の立場で業務を行います。

(出典 東海東京証券ホームページ)