銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

金融政策とは

中央銀行が行う経済政策のことです。金利や資金供給量を調節することで、物価、景気の安定など経済の働きを調整します。日本銀行の代表的な手段として、金利政策、公開市場操作、預金準備率操作などがあります。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

中央銀行が、モノやサービスなどの価格の安定と信用秩序の維持のために行う経済政策のこと。公開市場操作(オペレーション)などの手段を用いて、通貨や金融の調節を行います。政府が行う財政政策とならぶ経済政策の柱です。日本の金融政策は、日本銀行政策委員会が金融政策決定会合で決定します。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

日本銀行が景気不況時や加熱時に、物価を安定させ、経済の健全な発展のためにおこなう経済政策のこと。金融の緩和や金融引き締めをおこない、景気刺激策・景気抑制策を実施している。
政府が行う財政政策は、規模の大きい国家予算を管理することで経済活動に影響を与えているが、日本銀行がおこなう金融政策は、より直接的に金融市場に働きかける方法である。

(出典 野村證券ホームページ)

 

 

日本銀行が、金融面から物価の安定や経済の安定のために行う政策。

インフレーション(物価が上昇する現象)が発生すると、お金に対する信認が低下し、様々な弊害が起こる。このような場合、日本銀行では物価上昇を抑えるため、金融機関に国債等を売却する資金吸収オペレーションなどを通じて、市中の過剰な資金を吸収し、市場金利の上昇を促したりする(金融引き締め)。

逆に、デフレーション(物価が下落する現象)が発生し、経済活動が停滞し企業や個人の収入を圧迫するような時には、日本銀行は経済活動を下支えするため金融機関から国債等を買い入れる資金供給オペレーションを通じて市中の資金量を増加させ、金利を引き下げるなどの政策をとる。

かつては公定歩合の上下が金融政策の中心だったが、今日では、オペレーション(オープン・マーケット・オペレーション、公開市場操作)が金融政策の中心的な手段となっている。金融政策運営の基本方針は、日本銀行政策委員会の「金融政策決定会合」とよばれる会合で決定される。

この情報は、2015年(平成27年)10月時点の情報です。

(出典 金融広報中央委員会ホームページ)

 

日本銀行が、景気が低迷しているときや物価が安定しないときにそれを是正するために行う経済政策のことを金融政策と言います。国内に流通している通貨の総量は、基本的にこの日本銀行が決めています。国内に流通している通貨の量が少なすぎるときは金融の緩和を行いますし、逆に市場に通貨が溢れすぎているときには金融の引き締めを実施することになります。市場に流通している通貨の総量を変えることによって経済を安定的にする手法は、金融政策の中でも最も利用されている方法のひとつです。

(出典 東海東京証券ホームページ)