銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

金融調節とは

金融政策決定会合で決まった金融政策運営の基本方針(金融市場調節方針)を実現するために、公開市場操作(オペレーション)などを用いて短期金融市場における資金の総量を調整すること。手形・国債・CP等の取引を通じて資金の供給・吸収を行う。金利の低下をさせたい時には、買いオペレーション(手形等の買い取り)によって市場に資金を供給する。一方金利を上昇させたい時には、売りオペレーション(手形等の売却)で資金需給を逼迫させる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

金融調節とは日本銀行が行う金融政策の手段のひとつで、市場金利水準をコントロールすることです。詳しくいうと金融機関が行う短期金利の中でもコール・オーバーナイト物(1日だけの資金の貸し借り)の金利を誘導し調整します。長期金利の場合、資金の需要量と供給量のバランス、インフレ率に対する市場参加者の予想、将来の不確実性などに左右されるためオーバーナイト物のように資金量を調整することはなく市場の流れに任せています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

金融政策決定会合で決まった金融政策運営の基本方針(金融市場調節方針)を実現するために、公開市場操作(オペレーション)などを用いて短期金融市場における資金の総量を調整すること。手形・国債・CP等の取引を通じて資金の供給・吸収を行う。金利の低下をさせたい時には、買いオペレーション(手形等の買い取り)によって市場に資金を供給する。一方金利を上昇させたい時には、売りオペレーション(手形等の売却)で資金需給を逼迫させる。

(出典 QUICKホームページ)