銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

金融引き締めとは

中央銀行が物価の安定化や景気の加熱を抑制させるために実施する金融政策。公開市場操作(オペレーション)や預金準備率操作などの手段を用い、短期金融市場の資金量を減少させて金利上昇を促し、企業の借り入れなどを手控えさせることで景気の過熱を抑える。具体的には政策金利を引き上げて公開市場操作により目標水準に誘導するほか、国債など金融資産の民間金融機関への売却(資金吸収オペレーション)、中央銀行にある民間金融機関の当座預金の預金比率の引き上げなどを行う。逆に短期金融市場の資金量を増加させて金利を引き下げ、景気浮揚を促すことを金融緩和という。

(出典 野村證券ホームページ)

 

中央銀行(日本では日本銀行)が景気の過熱やインフレを抑制するために行う金融政策の1つです。

具体的には、景気が過熱してインフレ懸念が台頭したときなどに、国債などの金融資産を民間金融機関へ売却(売りオペレーション)したり、政策金利(中央銀行が金融市場の調節手段として用いる金利)や預金準備率(中央銀行が金融機関に対して、準備預金として無利子で預けることを義務づける金額の比率)を 引き上げることなどによって通貨の供給を抑え、市場金利水準を高めることで、企業の資金調達を手控えさせることで経済活動を抑制します。

(出典 大和証券投資信託委託ホームページ)

 

景気の過熱やインフレを抑制するために、中央銀行(日本では日本銀行)が政策金利の引き上げ、または資金供給量を減らすなど通貨の供給を抑え金利水準を高めて総需要を抑制させることです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

金融引き締めとは、中央銀行が物価を安定させたり、過熱気味の景気を抑えたりするときに実施する金融政策です。公開市場操作(オペレーション)や預金準備率を操作するなどの方法で、短期金融市場に流れるお金を減らし、それによって金利を上昇させます。金利が上昇すれば企業の借り入れも減りますので、景気の過熱を抑えることにつながります。逆に短期金融市場に流れるお金を増やすことを金融緩和といい、景気を浮揚させたいときに用います。

(出典 東海東京証券ホームページ)