銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

金融ビッグバンとは

米国と英国では日本より早く金融制度改革を実施している。
米国では、1975年に証券改革法が施行された。取引所集中義務を撤廃し、委託手数料を自由化にし、さまざまな取引システムを競合させる市場間競争を作り出した。これにより、証券市場の効率化がはかられた。
英国では、1986年に証券市場の改革に取り組んだ。この時「ビッグバン」という言葉が初めて使われた。証券取引の手数料が自由化されたことでロンドンの市場には世界中から資金が集まり、そこでは多くの英国以外の金融機関が活躍した。金融市場のウインブルドン化といわれた。
日本では、1997年から日本版金融ビッグバンに取り組んでいる。米国や英国と違って、銀行・証券・保険の3分野にわたる改革であること、情報通信産業の発達した時代の改革であることが日本版金融ビッグバンの特徴である。

(出典 野村證券ホームページ)

 

1996年11月に第2次橋本内閣が提唱した日本の金融・証券市場制度の大改革のこと。
金融市場の規制を撤廃・緩和して、市場の活性化や国際化を図ろうというものです。英国では、1986年にサッチャー首相が実施した証券市場の大改革を、宇宙の始まりの大爆発に例えて「ビッグバン」と呼ばれており、英国のビッグバンと区別するため「日本版ビッグバン」ともいわれます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

わが国では1997年の「金融システム改革のプラン」に盛り込まれた政策のこと(ビッグバンの本来の意味は、宇宙誕生の原因となった大爆発のこと)。

もともと金融ビッグバンとは1986年の英国における証券市場改革をさす。ここでは手数料自由化、二重資格制の導入、取引会員権の開放等競争原理を導入して国際競争力を強化した。また、アメリカでは1975年ニューヨーク市場で大規模な証券市場の改革がビッグバンとよばれ、1990年代に成果をあげた。

わが国における金融ビッグバン構想は、銀行・証券・保険の3分野を対象とすることが特徴で、Free(市場原理が働く自由な市場)、Fair(公正な市場)、Global(国際的で市場を先取りする市場)を3原則とした。

1998年には金融システム改革法によって関係法律を整備し、改革が進められた。

この情報は、2015年(平成27年)10月時点の情報です。

(出典 金融広報中央委員会ホームページ)

 

日本版の金融ビックバンは、1997年に第二次橋本内閣が提唱した金融制度改革で、銀行・証券・保険の3分野にわたる改革のことを言います。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

日本より先に金融改革を実施した米国では、1975年に証券取引の取引所集中業務を撤廃、委託手数料を自由化にし、証券取引を市場競争の中に持ってきました。これによって証券市場の効率化がはかられました。英国では1986年に証券取引の手数料が自由化し、世界中から資金が集まり、多くの英国以外の金融業者が活躍しました。このときはじめて「ビッグバン」という言葉が使われました。日本では1997年から日本版金融ビッグバンに取り組んでおり、情報通信産業が発達した時代の改革であるところが日本版金融ビッグバンの特徴です。

(出典 東海東京証券ホームページ)