銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

金利自由化とは

日本では第二次大戦後、日本経済の復興を目指して、長らく厳格な金利規制が行われていた。
これは、各金融機関の金利を一定にすることにより、安定的な金融体制を作り上げるための政策であった。

しかし、経済構造の変化に伴い、規制はかえって金融の効率性を損なうと考えられるようになり、1970年代後半から金利自由化が推進された。

(出典 野村證券ホームページ)

 

日本では、第二次大戦後から、安定的な金融体制を作るため、高度成長期を通じて低金利政策が一貫して取られてきましたが、1970年代半ばから低成長時代に突入すると、企業の資本蓄積も十分となり、低金利政策を維持する必要がなくなりました。加えて、アメリカを初めとする海外各国からの金利自由化を求める声が高まったこともあり、1985年から自由化が進められ、1994年に実施された普通預金の自由化によって完了しています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

第二次世界大戦後に日本ではしばらくの間金利規制が行われていたが、経済構造が変化したことによって金利規制では対応が難しいことから、1970年代後半に金利自由化が推進されて現在に至っています。この金利自由化によって各銀行、証券会社などがそれぞれで金利や手数料を自由に決められるようになり、競争が起こるようになりました。それぞれの銀行や証券会社が魅力的な金融商品を提供出来るのも金利自由化のおかげなので、基本的な知識として頭に入れておくのが最適です。

(出典 東海東京証券ホームページ)