銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

食い合いとは

信用取引や貸借取引で同一銘柄の売り建玉と買い建玉の重複する部分。
「取り組み」とも呼びます。証券会社内部で相殺することを「店内食い合い」といいます。

(出典 大和証券ホームページ)

 

信用取引で、買い残高と売り残高の重なった部分のこと。「取組み」ともいう。各証券会社は「食い合い」部分はそれぞれの代金として充当できるため、実際に必要となる有価証券あるいは金銭の調達量を少なくすることが出来る。

(出典 野村證券ホームページ)

 

顧客が信用金庫で買い付けた株券や売りつけた代金を担保として留めた、信用取引で買い付けた株券を信用取引の必要な株券に充当、また信用取引で売りつけた代金を信用取引の買いに必要な代金に充てることができます。このように、買い残高と売り残高の重なり部分を食い合いといいます。取り組みともいいます。証券会社は食い合いによって貸し付けに必要な有価証券や金銭の必要調達量を少なくしています。取り組み表にその日の食い合いの状況が記されます。

(出典 東海東京証券ホームページ)