銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

クオンツとは

クオンツとは、Quantitative(数量的、定量的)から派生した言葉で、高度な数学的手法を用いてさまざまな市場を分析したり、さまざまな金融商品や投資戦略を分析したりすること、または、その分析をする人を指します。過去の株価データや企業業績の推移などといった数値化できる情報を用いて分析する「定量分析(quantitative analysis)」を専門に行っている人を「クオンツ・アナリスト」ともいいます。また、分析されたデータに基づいて売買をしたりする運用手法を「クオンツ運用」ともいいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

数理的な手法やモデルを基に、コンピュータを駆使して、定量的に株式や債券、為替の変動について分析を行うことの総称です。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

有価証券投資において高度な数学的テクニック(コンピューター)を使って分析すること、もしくは分析する人のことをいう。
Quantitative(数量的)という英語から派生した言葉。

たとえば日経225に連動するポートフォリオを20銘柄で作成するにはどうしたら良いか、といった課題に対する回答を求めるためには、過去の様々な銘柄の動きを分析し、業種分散なども配慮の上、最もブレの少ない銘柄の組合わせを選ぶ必要がある。
こうしたことを理論的に算出するための金融テクニック全般をクオンツと称している。

(出典 野村證券ホームページ)

 

高度な数学的手法やモデルをベースに、コンピューターを駆使してマーケットを数量的に分析すること。「Quantitative(数量的、定量的)」という英語から派生した言葉です。こうした分析結果に基づいた運用を「クオンツ運用」といいます。

(出典 三井住友アセットマネジメントホームページ)

 

市場分析や投資戦略等について、高度な数学的手法を使って分析すること、またはそれを行なう専門家のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

有価証券投資において高度な数学的テクニック(コンピューター)を使って分析すること、もしくは分析する人のことをいう。 Quantitative(数量的)という英語から派生した言葉。 たとえば日経225に連動するポートフォリオを20銘柄で作成するにはどうしたら良いか、といった課題に対する回答を求めるためには、過去の様々な銘柄の動きを分析し、業種分散なども配慮の上、最もブレの少ない銘柄の組合わせを選ぶ必要がある。 こうしたことを理論的に算出するための金融テクニック全般をクオンツと称している。

(出典 QUICKホームページ)

 

クオンツとはQuantitative(数量的)という英語から生まれた略称で、高度な数学の知識を活かしてデリバティブ商品を開発したり、トレーディングにおけるリスク管理のツールを作ることをいいます。金融の現場ではそうした仕事をする人たちのことをクオンツということもあります。証券会社や銀行などの資産を運用している会社では、新卒採用でもクオンツの職種を募集していることがあるが、大学院程度の数学の知識を持っていることが求められます。

(出典 東海東京証券ホームページ)