銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

クオンツ運用とは

高度な数学的テクニック(コンピューター)を駆使して市場データを数理分析的に扱い、運用すること。

(出典 野村證券ホームページ)

 

定量的な手法を用いて、データを分析して作られた数理モデルに沿って運用を行う手法です。

(出典 セゾン投信ホームページ)

 

企業業績やマクロ経済指標などのヒストリカルデータを計量分析することにより、投資価値や投資タイミングを判断し、ベンチマークを上回る超過収益の確保を狙った資産運用の手法のことである。計量分析にあたっては、コンピューターを駆使し回帰分析等の統計処理による計量モデルを用いることが通例である。システム運用と同義で用いられることが多い。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

クオンツ運用とは、運用手法の一つで、コンピューターなどを用いて構築された運用モデルに基づいて機械的に投資判断を行い、運用を行う手法を言います。運用担当者個人の感覚に頼る要素が少ないため、投資判断・運用プロセスの一貫性の面で利点があります。

(出典 楽天証券ホームページ)

 

クオンツとは、投資理論に基づいた計量的分析を用いて証券運用を行うこと、または計量的分析に従事する者を指す。クオンツ運用とは、計量的分析に基づき事前にバック・テストで検証されたアクティブ・リターン獲得の可能性が高い戦略を、ルールに基づき実行する運用を指す。
→システム運用(クオンツ運用)

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

高度な数学的テクニックを駆使して市場データを数理分析的に扱い、運用することです。
投資信託においては、人間の感情や主観を廃して銘柄選択等を行なうシステム運用を「クオンツ運用」といいます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

コンピュータ等を活用し、市場データなどの数量的な分析に基づいて投資する運用スタイルのことです。

(出典 三井住友トラスト・アセットマネジメントホームページ)

 

クオンツ運用とは、コンピュータを利用しての売買プログラムにより市場での投資活動を行うことを意味します。数学的に相場の動きを分析することが主なロジックの原理となり、利益を出すために最適となる銘柄の算出や売買の判断を行うものとなります。その判断材料は様々であり、過去の値動きやニュースによる強弱の判断、業績分析などがありますが、単純に数学や物理学を用いて値動きの分析を行うアプローチもとられているケースがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)