銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

鯨幕相場(くじらまくそうば)とは

相場が白色の陽線(終値が始値より高い)と黒色の陰線(始値が終値より高い)が交互になっている状態のこと。通夜や葬式で使う白黒が交互に並んだ幕を鯨幕といい、形状が似ていることから呼ばれる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株価の相場が上げと下げが交互になっている状態のことを鯨幕相場といいます。終値が始値より高い場合には白色の陽線、始値が終値より高い場合には黒色の陰線で表示されるので、交互になっている様が通夜や葬式で使う白黒の幕のことをいう鯨幕に形状が似ていることからそう呼ばれています。市場の迷いがあり上にいくのか下にいくのか市場参加者の見方が分かれている時や、手がかりとなる材料がない時に鯨幕相場になる傾向にあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)