銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

口数(こうすう)とは

投資信託の受益権の単位のこと。
申し込み口数などといいます。新規設定時には1口1円や1万円などとし、投信1口当たりの価格に相当する基準価額は日々変化します。

(出典 大和証券ホームページ)

 

一般的な口数は「くちかず」もしくは「こうすう」と読み「話をする回数。食べ物を用意しなければならない人の数」を示しますが、投資ファンドでは「くちすう」と読ます。受益権の単位を示しファンドの購入や解約の際の取引単位を言います。株式でいうところの株数と同様の意味です。ファンドは1口=1円で設定され、通常1万口当たりの価額で表されるのが基本で、これを「基準価額」といいます。現在の保有ファンドの評価額は、基準価額と保有口数から算出されています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

投資信託の取引単位を指します。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)