銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

クラウンジュエルとは

敵対的買収に対する対抗措置の一つで、対象会社が自社でもっとも魅力的な事業部門や資産または子会社を第三者に譲渡したり、分社化することによって、自社をより魅力ないものにする手段のこと。買収者の買収意欲を大きく削ぐことを目的としている。
対象会社を「王冠」にたとえ、「王冠の宝石」を外すことで、「王冠」の価値を減少させることになぞらえているので、クラウンジュエルと呼んでいる。
会社の事業の全部または一部であっても重要な事業の譲渡の場合には、会社法上株主総会の特別決議が必要であるが、重要な財産の処分は取締役会決議で可能となる。もっとも、買収防衛としてこのような財産譲渡をおこなう場合、この決定を下した取締役は、取締役としての善管注意義務、忠実義務違反を問われる可能性があるといわれている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

クラウンジュエルとは、企業が敵対的買収のターゲットにされている場合に、当該企業をターゲットとする動機となる魅力ある事業部門や資産、子会社等を第三者に譲渡あるいは子会社化し、企業の魅力を低下させ、買収者の買収意欲を削ぐ目的で行われる買収に対する対抗措置のことを言います。王冠が狙われた場合には、その王冠に鏤められた宝石を取り除いてしまえば、その王冠自体は狙われなくなるということから、この対抗措置をクラウンジュエルと呼んでいます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

重要な資産(クラウンジュエル)を売却して会社の価値を毀損させることで、買収の意義を減じさせる手法である。焦土化作戦等もいう。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)