銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

グリーンシート市場とは

※2018年3月でグリーンシート市場は終了

 

グリーンシート市場とは、未上場の中小企業向けに1997年に設けられた市場のことです。特に好景気の状況下では、中小企業の資金需要が増えるので銀行に頼らなくてもグリーンシート市場をつかって直接金融の手段として、資金を集めることができるといわれています。グリーンシート市場ができる前までは、ベンチャーキャピタルなど限られた貸し手しか銀行以外に資金調達する手段がほとんどなかったので、この資金調達の良い手段です。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

未公開企業の株式を売買するために、日本証券業協会が、平成9年7月に始めた市場のこと。
未公開企業への資金調達を円滑にし、また、投資家の換金の場を確保することが目的。

(出典 野村證券ホームページ)

 

グリーンシート とは、日本証券業協会が証券会社による非上場会社の株式等を公平・円滑に売買するために、平成9年7月からスタートさせた制度です。
非上場企業への資金調達を円滑ならしめ、また投資家の換金の場を確保する目的で、金融商品取引法上の取引所市場とは異なったステータスで運営されていました。

※グリーンシート銘柄制度は、平成30年3月31日をもって廃止され、同日をもってグリーンシート銘柄のお取引はできなくなりました。

(出典 日本証券業協会ホームページ)