銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

グリーンメールとは

グリーンメール(Green Mail)とは、標的にした企業に高値で買い取らせることを目的にして、その企業の株式を買い集めることです。緑はドル紙幣をイメージさせる色で、これに脅迫状を意味する「ブラックメール」を掛け合わせた造語です。なお、これを頻繁に繰り返す人を、グリーンメーラー(Green Mailer)といいます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

敵対的買収の一種で、買収者がターゲットにした企業もしくは関連企業等に高値で買い取らせることを目的に、企業の株式を買い集めること。買収者をグリーン・メーラーと呼ぶ。

グリーンメールの由来は、ドル紙幣の緑色とブラックメール(脅迫状)を連想させたもの。

(出典 野村證券ホームページ)

 

買収の対象となる企業やその関連会社の株式を買収者に高値で売却することを目的に株式を買い集めることです。
グリーンメールを行う投資家をグリーンメーラーと言います。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

グリーンメールとは、ターゲットとなる企業に高値で株式を買い取らせるためを目的として、株式を買い集めることです。敵対的買収の一種であり敵対的な企業の合併・買収を仕掛けて集めた株式を高値で買い取らせ、投下した資金の回収と投資収益を上げることを目的として行われます。グリーンメールは、ドル紙幣をイメージさせる緑と脅迫状を意味するブラックメールを掛け合わせた造語です。これを繰り返し行う買収者をグリーン・メーラーといいます。

(出典 東海東京証券ホームページ)