銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

繰越欠損金とは

欠損金とは、法人税を計算する際の所得計算において、所得が赤字である場合のその金額のことをいいます。
法人税法においては、青色申告の承認を受けている場合には、一定期間、その欠損金を将来に繰り越して、将来の一定期間の間に発生した所得(黒字)と相殺することを認めています。この法人税法の規定に基づき、繰越している過去の欠損金のことを繰越欠損金と言います。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

所得の金額の計算上、損金の額が益金の額を超える場合におけるその超える部分の金額は、9年間(2008年3月31日以前に終了した事業年度については7年間)にわたって、翌事業年度以降において損金の額に算入することができ(法人税法第57条1項・11項)、これを繰越欠損金もしくは青色欠損金という。
M&A後においても繰越欠損金を活用できるストラクチャーを選択するのが合理的といえる。
なお、合併によって買主がM&Aにより資産を受け入れることで、買主が有する繰越欠損金の利用ができなくなる場合があるので、留意する必要がある。
グループ法人税制において、完全支配関係にある子会社を清算した場合の課税関係が整備され、一定の要件のもと、完全支配関係にある子会社の繰越欠損金を親会社が引継げるようになった一方、親会社が有する子会社株式の消滅損が税務上ないものとみなされるようになった。

(出典 山田コンサルティンググループホームページ)

 

繰越欠損金とは、単年度の税務上赤字(欠損金)が生じた際に翌期(翌年)以降に黒字になった時に税務上相殺し控除できる制度や欠損金の金額を指します。繰越期間の間は税金を繰越欠損金で減額できるために、税負担が軽くなり翌期以降の黒字が見込まれる時にだけ有効です。繰越期間はおおよそ9年間で課税所得が黒字になった場合にのみ適用可能です。黒字を見込めるかが重要であり、慎重な対応が求められます。財務諸表などのチェックを行った際に参考にして下さい。

(出典 東海東京証券ホームページ)