銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

繰延税金負債とは

「税効果会計」のひとつ。企業会計上の「資産」または「負債」と、税法上の「資産」または「負債」との差額を調整するための勘定科目で、支払いを猶予してもらっている税金をいずれ払わなければならないという想定のもと、未払いの税金相当額を貸借対照表の負債の部に計上する。

ただ、事業休止等で企業が清算するまで、将来の課税所得が発生しないことが合理的に認められる場合には、繰延税金負債の計上は認められない。

たとえば、近い将来に売却が予定されている資産について、現在の時価から簿価を差し引いた損益がプラスとなり、会計上あらかじめ税金を払ったことにした場合(みなし税金)、「繰延税金負債」として処理を行い、翌年度以降、実際に売却が発生した時点で税金の計上を行う。

(出典 野村證券ホームページ)

 

繰延税金負債とは、税効果会計において、一時差異に係る調整額を貸借対照表の資産または負債に計上しますが、その際、未払税金に相当する「当期の利益に対応すべき税額で将来支払うもの」をいいます。
個別財務諸表において、貸借対照表に計上する場合には、流動・固定区分ごとに繰延税金資産とネット処理を行います。そのため、ネット後の残高が貸方にある場合、「繰延税金負債」の項目で「流動負債」または「固定負債」に計上されることになります。
一方、連結財務諸表においては、異なる納税主体に係る繰延税金資産、繰延税金負債をネットすることは認められていません。

(出典 EY新日本有限責任監査法人ホームページ)

 

税効果会計を適用した場合に、将来の会計期間において支払が見込まれる税金の額を計上します。

(出典 第一生命保険ホームページ)

 

繰延税金負債とは、税務上の課税所得金額よりも会計した利益が多い場合に生じる内容を言います。企業の経理上の負債や資産の金額と課税所得を計算した負債と資産の金額は算出する計算方法が異なってきます。現時点での資産を時価で評価することにより簿価を差し引いた含み損益を算出し差額金額がプラスとし将来的に売却するとこの差額金額に対してみなし税金の負担が必要になります。このパターンの場合にあらかじめ税金を支払っておく、みなし税金のことを繰延税金負債と呼んでいます。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

計上の利益が税務上の課税所得より多くなるときに生じるものです。
企業会計上の「資産」または「負債」の額と、課税所得計算上の「資産」または「負債」の額は、算出方法が異なるため金額が違ってくるためです。実際に支払った税金が、本来支払う税金より少ないために、将来において払わなくてはいけなくなる状況を指しています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)