銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

クレジットリンク債とは

クレジットリンク債とは、クレジット・デリバティブ(CDS)が内包された仕組債で、投資家は当該仕組債の発行体及びCDSの参照企業双方の信用リスクを負担するために、通常の社債よりも高い利回りが期待されます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

クレジットリンク債とは、信用リスクを別の債券の信用に結びつけた債券で、仕組債のひとつです。クレジットリンクノート(CLN、Credit Linked Note)とも言います。クレジットスワップを証券化して特別目的会社を通じて発行されます。投資家は発行体と参照クレジットの両方のリスクを負う代わりに通常よりも高い利回りを受けられます。契約により指定された会社が債務不履行を起こした場合はかなりリスクの高い債券となり元本が毀損する恐れがあります。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

クレジットリンク債とは、債券の信用リスクを他の債券にリンクさせた仕組債の一種です。
クレジット・デフォルト・スワップの仕組みを債券に取り入れたもので、クレジット・リンク・ノートともいいます。指定会社が倒産した場合、指定会社の発行債券で償還されてしまいます(多くの場合無価値になってしまう)が、指定会社が倒産しない限り、保証料に相当する額が金利(クーポン)に上乗せされます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)