銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

クローズドエンド型投資信託とは

クローズドエンド(クローズドエンド型)とは、投資信託の分類のひとつで、そのファンドが、組み入れ資産の時価に基づく純資産価格での買い戻しや解約を原則として認めていないものです。つまり、投資家が純資産価格での換金を求めても受け付けてもらえないので、換金を希望する場合は、取引所などを通じて他の投資家に売却することによってのみ可能になります。したがって、実際の売買価格は純資産価格とは離れた価格になることがあります。ファンドそのもののお金の出入りが少なく安定しているので、多少流動性に欠ける資産なども運用対象に入れやすくなります。会社型投資信託(投資法人)に多く見られるタイプです。

 

ワンポイント
一方、ファンドが純資産価格に基づく買い戻しを認めているタイプを「オープンエンド(オープンエンド型)」といいます。日本国内で一般に販売されている投資信託は、ほとんどがオープンエンド型で、クローズドエンド型は不動産投資信託(REIT)などの一部のファンドに限られます。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

投資信託や投資法人のうち、資産を取り崩すことができないタイプのこと。解約できるものをオープンエンド型という。ファンドの発行する証券を、投資家の請求に応じて、純資産価額で取り崩して換金(解約)することが出来ないタイプ。一部解約や減資には応じないもの。クローズドエンド型の投資信託は、流動性に乏しく日々時価評価することが困難であるような資産に対して投資を行う場合に用いられ、換金性を担保するために市場に上場され、投資家は市場で売却することで換金を行う。例として、不動産投資法人や非上場株式に投資する投資法人が挙げられる。

(出典 投資信託協会ホームページ)

 

クローズドエンド型投資信託とは、発行証券を発行者が買い戻すという保証がなされていない投資信託のことです。組み入れ資産における時価に基づいての純資産価格での解約や、買い戻しをそのファンドが原則的には認めていないというものです。そのため、クローズドエンド型投資信託は一般的に、金融商品取引所などの市場の価格を基準にして発行証券は取引がなされます。このことによって、売買の価格は必ずしも純資産価額と一致するとは限りません。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

発行者が発行証券を買い戻すことを保証していない投資信託。
投資家の側からみると純資産価額に基づいた価格での換金は保証されていない。したがって、多くの場合、発行証券は金融商品取引所などにおける市場価格に基づいて取引される。このため、必ずしも売買に用いる価格は純資産価額とは一致せず、実際よりも高く評価される場合もあれば、低く評価されることもある。

(出典 野村證券ホームページ)

 

ENU


検索
トップ
ランキング
初心者
株主優待
テーマ
著者
動画
連載
キーワード
TOP 山崎元の投資信託入門 投資信託の分類

投資信託の分類
2007/12/7
 
山崎 元
山崎元の投資信託入門
#投資初心者#みんなの投資#個人投資家
 投資信託は、着目するポイントによって様々な分類が可能ですが、ここでは代表的かつ基本的な分類を紹介しましょう。

 

設立形態による分類(契約型と会社型)
 契約型とは、投資家が運用会社に資金を委託し、運用会社は信託会社との間で信託契約を締結して一つのファンドとし、運用会社がその資金を運用して投資家に収益を還元する形態です。わが国の投資信託(証券投資信託)は契約型です。
会社型とは、投資運用を目的とする会社を設立して、投資家はその会社の株主となることによって会社の収益の分配を受ける形態です。わが国では投資法人といいます。代表的なものとしては、上場REIT(不動産投資信託)があります。

 

勧誘対象による分類(公募と私募)
 公募とは、多数の投資家を相手に募集が行われるもので、一般的な投資信託です。
一方、私募とは、金融機関など特定の投資家を対象としたり、少人数の特定の投資家を対象とした商品です。

 

買い戻しの有無による分類(オープン・エンド型とクローズド・エンド型)
 発行証券の買い戻し(解約)を認めるものをオープン・エンド型、認めないものをクローズド・エンド型といいます。
オープン・エンド型は、投資家は資金が必要になったときにいつでも発行証券の解約を申し込むことによって、ファンドの純資産額に基づく価格で資金を受け取ることができます。大半の投資信託はオープン・エンド型です。
クローズド・エンド型は、解約による換金はできませんが、発行証券は証券取引所に上場され、投資家はいつでも時価で売買することができます。ただし、取引所での売買価格は、必ずしもファンドの純資産額を基準として算出された価格になるとは限りません。上場REITはクローズド・エンド型です。

(出典 楽天証券ホームページ)

 

発行者が証券を買い戻すことを保証していない投資信託のこと。
多くの場合、金融商品取引所などにおける市場価格に基づいて取引されます。一方、買い戻しが保証されている投信のことをオープンエンド型といいます。よく似た用語に「オープン型」(追加型投資信託)がありますが、こちらは当初設定された資産に追加可能な投信のことです。

(出典 大和証券ホームページ)

 

委託会社による受益証券の買戻し義務がないため、原則、満期まで換金できないタイプの投資信託のことです。ただし、上場している投資信託の場合は、証券取引所で売却し、換金することができます。このタイプの投資信託としては、ETFや不動産投資信託(REIT)などがあげられます。⇒オープン・エンド型投資信託

(出典 三菱UFJ国際投信ホームページ)