銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

グローバル・マクロ運用とは

グローバル・マクロ運用は主に大規模なヘッジファンドが得意とする投資手法のひとつです。投資対象となっている国々の経済状態や政情をしっかりと把握した上で、その国々の通貨・株式・国債・社債などに投資をして多大な利益を得る投資手法です。過去に著名なヘッジファンドがこの運用手法をとってこの手法が一躍有名になったことがあり、他のヘッジファンドもこの運用手法をとっています。ファンド運用者の裁量が大きい手法ともみなされています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

世界中の国や地域のマクロ経済見通しや政治的見通しをしっかりと把握したうえで、各国の株式、債券、通貨などに売り買いのポジションを取り、多大な利益を得る手法。
大規模なヘッジファンドの運用手法のひとつです。ファンド運用者の裁量次第で運用成績が大きく左右されます。ジョージ・ソロス氏の「クオンタム・ファンド」やジュリア・ロバートソン氏の「タイガー・ファンド」などが有名です。

(出典 大和証券ホームページ)

 

世界の金融市場動向のマクロ観測的な視点から、為替や商品、株式、債券など世界各国の様々な金融商品を売り買いする手法であり、主に大規模なヘッジファンドが得意とする手法。

代表的な運用事例として、1992年のジョージ・ソロス氏による大掛かりな英ポンド売りが知られている。当時の英国通貨制度は欧州域内で為替相場の変動幅を抑制するERM(欧州為替相場メカニズム)を採用していたため、英国ポンドは高金利のドイツ通貨につられて実態よりも割高に評価されていると、同氏はマクロ的に判断。英国中央銀行による英ポンドの買い支えが続けられなくなるまで英ポンド売りを仕掛けた。その結果、英国はERMから脱退し、変動相場制に移行することを余儀なくされた。

(出典 野村證券ホームページ)