銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

グローバル債券とは

2つ以上の債券市場(通常は、米国、欧州、アジアの主要マーケット)において、同時に発行・販売される債券のこと。投資適格の発行体によって発行されている。

グローバル債券は、1989年に世界銀行がはじめて米ドル建て債券を発行した以降、1991年にアジア開発銀行がアジアの資本市場の育成を目的として起債をおこなうなど、その市場規模は拡大し続けており、投資家の数も世界的に拡大している。

発行体からみると、グローバル債券は、米国、欧州、アジアで同時に募集し資金調達することができるので、いずれかの市場で起債するよりも多額の資金を調達することができるとされている。投資家からみると、グローバル債券は、流動性が高いことがその魅力の一つとされている。

決済は、欧州のユーロクリアや、米国のDTCといった国際的決済機関を通じておこなわれているが、それらの決済期間をつなぐ決済システムが整っているため、債券の流通市場において取引や決済が容易になっている。

こうしたことからグローバル債券は、世界の流通市場の間にあった価格、決済、売買など地域格差を縮める役割を果たし、また、債券の起債の国際化を進展させるきっかけにもなっている。

(出典 野村證券ホームページ)

 

グローバル債券とは、2カ国以上の国で同時に発行、募集される債券のことです。通常、債券は1国の国内のみで発行、募集が行われますが、グローバル債券は北米、欧州、アジアなど複数の地域で発行、募集されます。よって、1国のみで発行するより多くの債券が発行でき、多くの資金を集めることができます。
グローバル債券という言葉は、世界の債券の総称として使われることもあります。

ワンポイント
投資信託の商品名や商品解説で用いられる「グローバル債券」という言葉の多くは世界の債券という意味で用いられているようです。グローバルといっても、商品によって組み入れられている国や地域、その比率は異なります。国や地域によりそのリスクが異なるため、どの国や地域の債券に投資されているのか必ず確認しましょう。

(出典 SMBC日興証券ホームページ)

 

グローバル債券とは通常、米国、欧州、アジアの主要マーケットのうちの2つ以上の債券市場において同時に発行・販売される債券のことで、投資適格の発行体によって発行されています。グローバル債券は、発行体にとっては多額の資金を調達することができ、投資家にとっては流動性が高いことが魅力と言えます。また、複数の国家が関わる市場であるという特徴によって、価格、決済、売買などにおける地域格差を縮めて債券起債のグローバル化を促す効果があるともされています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

グローバル債券は、「グローバルボンド」とも呼ばれ世界の主要な債券市場(米国、欧州、アジア)において、2つ以上の市場で同時に発行・募集される債券のことです。一般的にグローバル債券は、米国・欧州・アジア市場と広い範囲で同時に募集して資金調達が行えるため多額の資金を一度に調達することができ、投資家から見ても比較的格付けが高く、流動性が高いことも魅力となっています。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

日本を含む世界各国の債券のことです。

(出典 セゾン投信ホームページ)