銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

黒三兵とは

酒田五法(=酒田ケイ線)(三山、三川、三空、三兵、三法)の中の三兵のひとつで、三兵とは、陰線が3本または陽線が3本、並行して同一方向に向かって現れることをいう。三兵には、赤三兵と黒三兵があり、黒三兵は陰線が3本連続で同一方向に向かっている状態を指す。相場の下降トレンドを示す兆候と捉えられることが多いとされる。

黒い烏に不吉なものが感じられるところから、黒三兵の別名を三羽烏(さんばがらす)という。高値圏からの最初の下げ局面で出ると「なだれ三羽烏」と称し、警戒が必要とされる。また大引け安値が3日続くのを「坊主三羽」、大引けと翌日の寄付きが同じ値段になるのが続くことを「同事三羽」と称し、特に弱い線とされる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

黒三兵とは、チャート上のローソク足の色が黒い時は、始値よりも終値が低い場合を表し、その状態が3日間続いた時をこと言います。3日間も始値よりも終値が低い状態が続いたので、相場が弱気の売り相場である事のサインとしてよく利用されています。黒三兵が出現した場合には、空売りなどを仕掛けるのが一般的ですが、3日目のローソク足に長いヒゲを付けている場合や、始値から高値と始値から安値の間が同じ位の場合には、反転する可能性もあるので様子を見ないといけないです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

陰線が三本連続して同一方向に向かって現れることです。一般に相場の下降トレンドへの転換のサインといわれます。三羽烏とも言います。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)