銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

クロス取引とは

1つの証券会社が、同一銘柄について同量の売り注文と買い注文を取引所に提出し、商いを成立させる取引。

以前は売り買いそれぞれの注文を金融商品取引所に出さないで売買を成立させるバイカイという方法が認められていたが、これは呑み(ノミ)行為に該当するおそれが強く、また市場集中原則にも反することから1967年10月から禁止された。

クロス取引はバイカイにかえて行われるようになった取引方法。結果的に顧客の注文に証券会社自身(自己)の注文をつけあわせることになる場合があるものの、売買注文が実質的に市場に出されていることで先のバイカイとは大きく異なる。

(出典 野村證券ホームページ)

 

株式の大量売買の処理方法の一つ。証券会社が同時期・同一銘柄について、同量・同値の売り注文と買い注文を一つにまとめて売買を成立させるもので、機関投資家などからの注文において行われる。この取引を行うことによって、市場インパクトを抑える等のメリットがある。

(出典 企業年金連合会ホームページ)

 

ひとつの証券会社が同一の銘柄について同じ数量の売り注文と買い注文を証券取引所に提出し、取引を成立させることクロス取引と呼びます。以前は同じような取引を取引所を介さずに証券会社内部で売買を成立させるバイカイと呼ばれる方法が認められていましたが、現在ではノミ行為にあたる可能性が強いとされ、また市場集中原則からも違反するとされ1967年10月より禁止されました。そのために、バイカイに変わる新しい手法としてクロス取引が用いられるようになりました。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

本来は、証券会社が、同一銘柄、同一株数、同一値段の売りと買いの注文を、同一時間に取引所で成立させることをいいます。近年では個人投資家においても、個人投資家が、寄り付きなどの時間に、同一銘柄、同一株数、同一値段の売りと買いの注文を出すこともこのクロスの範疇に含まれるようになりました。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

クロス取引とは、株式の大口売買において、同一銘柄に対して同じ株数、同じ値段での買い注文と売り注文を同時に発注して、約定させることである。

クロス取引をすることにより、株価変動の影響を受けることなく、株主優待を手に入れることができる。

投資家がある特定の銘柄の株式を買うと同時に、同じ銘柄を同じ株数の空売りをすることで、リスクを避けながら株主優待の権利だけを手に入れることができる。

株価が暴落しても大きなリスクはないが、時には逆日歩が発生するため、特にはならないことがあり注意も必要である。

他にも投資家がクロス取引をすることで、節税対策としても活用できる。ある銘柄の株式で値が下がり損失が出ている時、一度売って損失を確定させてから、再び買い戻してクロス取引することで節税ができる。

これらの納税義務の仕組みは個人のみで、法人の場合には適用できないことがあるので注意も必要である。クロス取引を行なう際には、税制の仕組みをしっかりと把握しておくことが大事である。

(出典 マネーフォワードホームページ)

 

クロス取引とは、ある銘柄の注文において、同一銘柄、同数量の買い注文と売り注文を同時に発注し、約定させる取引をいいます。

(出典 楽天証券ホームページ)