銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

クロスボーダー取引とは

クロスボーダー取引とは、国境を越えて行う取引であり複数国の間で行われ取引のことです。為替のトレーディングなど金融取引の場面においてもクロスボーダー取引といわれることがあります。インターネット回線が高速化したことにより、より株式や債券などのオンラインのトレーディングをクロスボーダーでできるようになっています。クロスボーダー取引は、投資銀行業務においても使われる用語で、2国間協同で債券を発行するのを手伝ったりすることを意味します。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

国境を越えて、おこなわれる取引のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

国境を越えて、おこなわれる取引のこと。

(出典 QUICKホームページ)