銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

クロスレートとは

為替相場のレートは米ドルを基準としていますが、アメリカ以外の2国間の通貨ペアのレートを算出する方法がクロスレートです。

それぞれの通貨の米ドルに対する基準レートを掛けることで、算出できます。これに対し、米ドルとの通貨ペアの場合はドルストレートと呼ばれます。

例えば、豪ドルと円の為替レートの場合、「円/米ドル」レートと「豪ドル/米ドル」レートを基に算出します。
このように、日本円と米ドル以外の通貨の組み合わせはクロス円と呼ばれます。これは、実際の為替市場では円と豪ドルを直接取引するのではなく、日本円と米ドルを売買し、米ドルと豪ドルを売買して成立しているため、合成通貨とも呼ばれます。
代表的なクロス円としてはユーロ/円・豪ドル/円・NZドル/円・ポンド/円・スイスフラン/円・カナダドル/円・香港ドル/円などがあげられます。

このように、クロスレートは3カ国間の貨幣需要や、経済状況に左右されるため、ドルストレートよりも複雑に要素が絡み合って価格が決定します。

(出典 楽天ホームページ)

 

クロスレートとは、【ユーロ/円】・【豪ドル/円】など、表記上、米ドルを含まない通貨ペアの為替レートをさします。
米ドルを含まない通貨ペアの為替レートの計算は、基軸通貨である米ドルを用いて計算されています。そのため「クロスレート」と呼ばれています。

(出典 楽天証券ホームページ)

 

インターバンク市場において為替レートは通常、米ドルが基準で計算されます。しかし、このレートを米ドルを介さない為替レートに変換するための方法のことをクロスレートといいます。基本的に投資をするときは投資の原元となる通貨を基準に考えます。通常ならば米ドル基準に取引されている為替レートを、投資元の通貨に戻して考えるための考えのことです。投資家達が分かりやすくするために、こういった考え方が用いられているのです。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

世界各国の外国為替市場(インターバンク市場)では、一般的に世界中の通貨間でそれぞれ為替取引が行われているわけではなく、基軸通貨である米ドルを中心に取引が行われています。そして、それぞれの通貨間の為替相場は、各通貨の対米ドルレートを組み合わせて決められています。

例えば、ブラジルレアル/円レートは米ドル/円レート(上図A)と米ドル/ブラジルレアルレート(B)から決まります。同様に豪ドル/円レートは米ドル/円レート(A)と豪ドル/米ドルレート(C)から決まります。
このように米ドル以外の対円為替レートは、米ドル/円と対象通貨の掛け合わせで決まります。米ドルを経由した円と他の通貨のレートをクロスレートと呼びます。

(出典 大和住銀投信投資顧問ホームページ)

 

多通貨間の交換レートのことです。英ポンドと円の為替レートを見た場合、直接算出される表示以外で、「円/米ドル」レートと「英ポンド/米ドル」レートから算出することが可能となります。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)

 

基軸通貨である米ドル以外の組み合わせの通貨間取引をクロス取引と呼び、クロス取引で取引される為替レートをクロスレートと呼びます。 クロスレートは、基軸通貨である米ドルに対しての為替レートが決まっていれば、計算して導き出すことができます。

(出典 新生銀行ホームページ)