銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

経営参加権とは

経営参加権とは、単元株に達した株主に与えられる企業経営に参加できる権利のことです。株主総会における議決権を有し、利益処分案や監査役などの会社役員の選任などを承認することができます。株主になると間接的にではありますが、企業に自分の意見を反映させることができるようになるのです。ちなみに1単元株につき1票の議決権が与えられ、所有数に応じて議決権を行使する権利が変化します。単元未満株式には与えられません。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

株主が株主総会に出席して、会社にとっての重要事項を株主総会で決議する際にその決議に参加する(議決権の行使)ことによって間接的に経営に参加する権利のことです。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)