銀行員の用語集

金融全般の用語をここで

景気とは

新聞やニュースで、よく「景気がいい、景気が悪い」という言葉が使われます。経済の状態を指していますが、正確に考えると、「景気」とは一体何なのでしょうか?

「景気」とは、「経済活動全般の動向」のことです。ただ、そんなこといわれても意味がわかりませんね。なので、「景気」=「全体的に、商売がうまくいっているかどうか」として捉えてください。「景気がいい」とは要するに商売がうまくいっていることで、「好景気」、逆に景気が悪いとはなかなかビジネスが難しくなっているということで、「不景気(不況)」と呼ばれています。

 ただ、通常「景気」といったら、自分の会社のことではなくて、その地域全体、日本全体で考えて「商売がうまくいっているかどうか」を表しています。

 超好景気の時代でも、商売がうまくいかなくて倒産する会社はありますし、反対に超不景気でもザクザク儲かっている企業もあるんです。このような一部の例外を除いて、全体的に見て「うまくいっている」「うまくいっていない」で景気は判断されます。

 一般的には、景気が良くなると、企業の業績は上がって、失業率が下がり、株価は上がる。そして労働者の給料・ボーナスも増えて、みんなハッピーの状態になります。なので、政府としても景気が良くなるように、対策を考えて実施しているわけです。

(出典 ダイヤモンド・オンラインホームページ)

 

そもそも景気とは何でしょうか。景気の「景」という字には、景色、眺め、情景、風
光、様子、状況などという意味があり、経済活動の様子や実際の状況を指します。一方、
「気」はすなわち「心」であり、企業経営者の心の情景(企業マインド)や消費者の心
の様子(消費者マインド)を指します。
英語で景気を表す言葉は「ビジネス・コンディション」であり、企業業績の良し悪し
などビジネスの状態が良好か否かということが景気の状態を示すものとも考えられます。
景気とは一言で言えば経済活動の勢いのことであり、その動きが様々な指標に表れま
す。モノの販売やサービスの利用状況、企業収益や設備投資、雇用者数や個人所得など
が増加する状態を好景気(好況)と言います。逆に、経済活動が活発でなく停滞するよ
うな状態を不景気(不況)と言います。

(出典 農林中金総合研究所リリース資料)

 

「社会全体における経済活動の状態」のこと。一般的に、経済活動が活発な状態を「好景気」、逆に経済活動が停滞している状態を「不景気」といいます。景気を見る指標の代表的なものとして、国内総生産(GDP)や景気動向指数、企業短期経済観測調査(日銀短観)などがあります。

(出典 三菱UFJ信託銀行ホームページ)

 

売買・取引などの経済活動の状況のことを景気という。
経済活動が活発な状態を、「景気が良い」又は、「好景気」、「好況」といい、好景気のときを「景気拡大期」や「景気上昇期」と呼ぶ。
反対に経済活動が停滞している状態を「景気が悪い」又は、「不景気」、「不況」といい、不景気のときを「景気後退期」や「景気下降期」と呼ぶ。

過去の景気の動向を見てみると、景気は良いときも悪いときもあり、その期間の長さは様々であるが、順番にやってきている。そのため景気の善し悪しを波に例え、「山」や「谷」という言葉で表現している。

また、「景気拡大期」から「景気後退期」への転換点を「天井」と呼び、景気後退期から景気拡大期への転換点を「底」という。 
経済活動の状況をイメージではなく、「景気指標」として数量的に把握することもできる。景気指標も物価指標と同じく、本当の意味での景気を表していない。したがって、一つの指標だけで景気を判断するのではなく、いろいろな指標を組み合わせて判断するとよい。

(出典 野村證券ホームページ)

 

景気とは、一般的に経済に関する商品やサービスの売買動向などの経済活動の状況を指します。景気の状況を表す代表的な指標として、日経平均株価や有効求人倍率などがあります。景気はその数値などにより上下するものであり、上昇基調にあることを「景気が良い」または「好景気」といいます。下降基調にあることを「景気が悪い」や「不景気」などと表現することもあります。また、輸入量や輸出量の上下にも大きく影響を及ぼすとされています。

(出典 東海東京証券ホームページ)

 

経済活動の状況のことです。経済活動が活発でモノが売れ、企業業績が良く個人の所得が増えるような状態を「景気が良い」あるいは「好景気」などと呼びます。
逆にモノが売れなく企業業績が悪化し個人の所得が減る状態を「景気が悪い」あるいは「不景気」、「不況」と呼びます。

(出典 カブドットコム証券ホームページ)